親族のみ招待の結婚式、そのメリットとは…?

費用がとにかく安い!

結婚式に会社の同僚や友人を招待するとなると、なかなかの費用がかかりますよね。みなさまからお祝い金を頂いたとしても、それでまかなえるなんて事はまずあり得ません。300万の式を挙げたとして、その内の半分になるかどうかくらいでしょう。ところが身内のみの招待であれば、当然人数が限られてくるため少ない費用で行うことができます。食事や引出物の質にもそれほどこだわらなくて済みますし、見栄や建前を気にしてグレードの高いプランにする必要もありませんしね。

夫婦のトラブルが少ない!

ずっと楽しみにしていた挙式の打ち合わせで意見が合わず、新婚夫婦がケンカをしてしまう、そんな話をよく耳にしますよね。ところが招待客のリスト決めをはじめとする、食事、ドレスやメイクアップ、挙式会場、日取り、その他もろもろの内容を人の目を気にすることなく自分たちの好きなように出来るのだとしたら、自然と衝突も少ないはず。友人の結婚式と比べられることも、世間体も気にしなければきっと二人ともリラックスして打ち合わせに臨め、ケンカをすることもなかなかないでしょう。

とにかく気が楽!気遣いなし!

会社や友人の前ではどうしても気を抜けずにはいられません。忙しい中お越しいただいたお客様に対して細かい気遣いや気の利いた挨拶の用意は不可欠であり、せっかくの結婚式なのに気疲れをしてしまうことも珍しくありません。しかし親族だけとなればそういったこともなく、年末年始の親戚の集まりくらいの気持ちで当日を迎えられるはずです。普段から交流のある人のみや、もしくは互いの両親のみであれば尚更、肩の張った姿勢でいる必要もなく心から楽しんで挙式をあげられることでしょう。

結婚式なら親族のみで行うのがおすすめです。お金をかけずに、顔が見える少人数でお祝いすることができます。